変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

白山砂防100周年の集い
2012/8/4 土曜日

白山砂防100周年の集いに出席しました。

手取川は、全国有数の急流河川であり、流域は全国屈指の多洪水、多雪地帯という自然環境もあって、古くから度重なる大水害に見舞われてきました。1912年そういった状況に心を痛められていた当時の石川県知事が県の事業として手取川上流の砂防工事に着手され、以来100年にわたる白山砂防工事が始まり、昭和2年には国の直轄事業となって現在に至っています。

100年に長きにわたり、白山砂防事業を継続され、山を守り、田畑を守り、そして人命を守って頂いた歴代の関係者の皆様並びに今日まで引き継いで事業に当たられる関係者の皆様のご尽力に敬意を表します。

そして白山砂防事業の重要性は100年経ってもなお大きいものです

手取川下流の加賀平野には10万人近い住民が暮らし、北陸自動車道そしてこれからは新幹線も走るという重要交通網がありこれから100年、200年と土砂流出による洪水氾濫からも守っていかなくてはなりません。

これからも事業の着実な進捗のためにしっかりと取り組んでまいります。