変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

宮城県石巻市訪問
2012/4/12 木曜日

東日本大震災被災地の宮城県石巻市を訪問し、震災がれきの処理状況や被災事業所が抱える問題などについてヒアリングを行いました。

東日本大震災の被災地石巻市では推計600万トンもの震災がれきが発生し、現在はその半分が市内各所の仮置き場に山積みされています。

がれきの処理には焼却、埋め立て、リサイクルなどの方法がありますが、その全てを市内や宮城県内で処理することは困難です。

このため他県の自治体に引き受けてもらう広域処理を進めていますがなかなか引き受け手が見つからないと伺いました。

また、事業所では事業活動を再開したいが事業所が所在する土地の利用計画が見通せず苦労しているというようなお声も頂きました。

がれきの処理や地域経済の復興が進展し、一日も早く被災地の皆様の生活が再建するよう私も頑張ろうと、気持を新たに致しました。