変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

民主党厚生労働・経済産業合同部門会議
2012/3/15 木曜日

東京の議員会館で行われた民主党厚生労働・経済産業合同部門会議に出席致しました。

この日の会議では、短時間(パート)労働者に対する厚生年金・健康保険の適用状況について厚生労働省出席者から説明があったのち議員間での討議が行われました。

近年、景気の後退などでパートなど非正規労働に従事する方も増えて来ていますが、現在の法律では週労働時間30時間未満のパート労働者は厚生年金・健康保険に加入出来ないため老後の年金が少なくなってしまうとか、健康保険の傷病手当金・出産手当金の支給が受けられないなどの問題が指摘されています。

民主党政権は、週労働時間が20時間以上のパート労働者には厚生年金・健康保険を適用する方向で検討していますが、社会保険の保険料は労使折半のため企業側の負担増を懸念する声もあります。

この日の会議でも様々の立場からの意見が表明されました。多様な働き方を支える社会保険制度に見直していくことは大変重要な課題ですのでこの問題についてはこれからも注意深く見守って参ります。