変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

手取川流域地区かんがい排水事業推進協議会の要望
2012/1/31 火曜日

東京の議員会館で手取川流域地区かんがい排水事業推進協議会(会長:作野広昭白山市長)役員の皆様から『国営かんがい排水事業「手取川流域地区」に関する要望書』をお受け取り致しました。

手取川流域地区の農業水利施設は白山頭首工(堤)や用水路の老朽化が進んでおり、安全性に懸念も出て来ていることから、その改修工事を早期に進めて頂きたいという内容のご要望です。

政府の平成24年度予算案には、地元の皆様のご要望にお応えする形でこの地区の農業水利施設の改修へ向けた調査費を計上することが出来ました。

この調査を踏まえて改修工事の範囲や内容について細部が検討され、平成25年度には改修工事に着手出来る見込みですが、更に一日も早く工事が完成し、地元の皆様が安心して農業に取り組んで頂けるよう頑張ります。

 



県連常任幹事会
2012/1/30 月曜日

県連常任幹事会に出席しました。

県連代表の人事や県連の定期大会の日程を話し合いました。

県連としてもより一層連携を強化して、様々な課題に取り組んで参ります。

 



石川県聴覚障害者センター視察及び要望
2012/1/29 日曜日

石川県聴覚障害者センターを視察し、県聴覚障害者協会役員の皆様から『「障害者総合福祉法」「情報・コミュニケーション法(仮称)」の実現を目指して』という要望書を受け取りました。

政府では、前回衆議院議員総選挙の民主党マニフェストに沿って、障害者自立支援法を廃止し、代わりに「障害者総合福祉法」などの法律を制定して障害者福祉制度を大きく見直す準備を進めております。

具体的な見直しの内容は、内閣府障がい者制度改革推進会議総合福祉部会で昨年の8月に骨格提言がなされておりますが、今回のご要望はこの提言を尊重した内容の法律を制定して頂きたいという内容でした。

私も厚生労働委員として、障害をもつ皆様が安心して安全に暮らせる社会づくりに取り組んで参ります。

 



連合石川かが地域協議会新春の集い
2012/1/28 土曜日

連合石川かが地域協議会新春の集いに出席しました。

新春の集いに先立ち、国政報告と意見交換をさせていただきました。

今多くの皆様が関心のある社会保障・税一体改革についてお話をさせていただきました。

また組合員の皆様から民主党に対して多くの叱咤激励を頂きました。

これからも今まで以上に私の活動を広報し、皆様と今取り組んでいることやこれから取り組むべき課題など意見交換の場をもっと作り、働く皆様が安心して働ける社会を実現できるよう取り組んで参ります。

 



港湾関係団体新春賀詞交歓会
2012/1/27 金曜日

日本港湾協会、全国港湾知事協議会、全国市長会港湾都市協議会そして日本港湾振興団体連合会の4団体が主催した港湾関係団体新春賀詞交歓会に出席致しました。

賀詞交換会は、吉田国土交通副大臣をはじめとするご来賓と多数の国会議員に加え、全国の港湾都市の首長も出席されて賑やかに開催されました。物流の国際化に対応していくには、空路だけでなく全国の港湾も物流インフラとして着実に整備する必要があると思います。

国の平成24年度予算案においては、東日本大震災からの復興対策ということもあり、港湾整備関係の予算は例年にない伸びを確保して頂きました。

こうした予算も有効に活用され、地元石川県をはじめ地域経済の活性化に役立つ港づくりが進むよう努力を重ねて参ります。

 



民主党・豪雪対策議員連盟総会
2012/1/26 木曜日

私が事務局次長をしております民主党・豪雪対策議員連盟(会長代理:小平忠正衆議院議員)の総会に出席致しました。

総会では、内閣府より今冬の豪雪被害の状況と対応について報告が行われたのち、議員立法で国会提出を予定しております豪雪地帯対策措置法(豪雪法)改正法案の条文などを確認致しました。

豪雪法は積雪の多い地方自治体を「特別豪雪地帯」として指定し特例的な財政支援を講じて来ましたが、この特例措置は平成24年3月31日で終了してしまうことから、今回法律を改正してこの特例措置を10年間延長するとともに、雪おろしなどの担い手確保・育成のための規定を新たに設けようとするものです。

私の地元では加賀市、白山市が特別豪雪地帯に指定されておりますので、この法改正が速やかに実現するよう全力で取り組んで参ります。

 



第180回通常国会が召集
2012/1/25 水曜日

6月21日までの150日間の会期で第180回通常国会が召集されました。写真は野田総理大臣の施政方針演説が行われる衆議院本会議場の入場口で撮らせて頂きました(入場口は本会議場議長席の向かい側にあります)。

今度の通常国会では、平成23年度第4次補正予算案、平成24年度予算案そして社会保障・税一体改革関連法案など数多くの重要議案が審議される予定です。

私の所属委員会は、前国会に引き続き、厚生労働委員会、決算行政監視委員会、海賊・テロ特別委員会となりました。

新年になりましてからたくさんの新年会や賀詞交換会などに出席させて頂き、地元の皆様から様々のご意見・ご要望を伺いましたがそれらを少しでも国政に反映することが出来るよう一生懸命頑張りたいと思います。

また、国会会期中の平日は東京滞在が多くなりますので、せっかくお招き頂いた会合などに出席出来ない場合もあろうかとは存じますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

 



東京ゲートブリッジ視察
2012/1/24 火曜日

民主党港湾議連(会長:三井辨夫衆議院議員)のメンバー(写真左上)と東京港に建設中の東京ゲートブリッジを視察致しました(写真右上)。

この橋(全長2618m)は、増大する東京港の物流の円滑化を図るとともに、レインボーブリッジ等の周辺道路の混雑緩和により物流コストを削減することを目的として建設中のもので、今年の2月12日に開通する予定です。

建設予定地が羽田空港の航空機の運航ルート上にあるため橋の高さに制限がある一方、大型船舶も通行する場所であって橋の桁下も確保しなければならなかったことから、吊り橋などのお馴染みの形ではなく「トラス構造」という工事法が採用されたため、恐竜が向き合っているような独特の外観となり話題となりました(写真左下)。

今回の視察で得られた情報も参考にしながら、地元石川県の港湾が抱える様々な課題にもより良い方向性を見いだせるよう取り組んで参ります。

 



日本行政書士会連合会新年賀詞交歓会
2012/1/23 月曜日

東京で開かれた日本行政書士会連合会新年賀詞交歓会に出席致しました。

ご来賓として川端総務大臣や各党の代表がご挨拶をされました。

石川県からお越しの行政書士会の皆様、大変お疲れ様でございました。

行政書士会の皆様におかれましては、日頃から「まちの法律家」として行政法規の円滑な運用にご協力を頂きまして本当に有難うございます。

行政書士制度につきましては、行政不服審査法における代理権、あるいはADR代理権といった課題があると伺いますので、私も皆様のお役に立てますようしっかり勉強して参りたいと思います。

 



日本弁護士政治連盟石川県支部懇親会
2012/1/22 日曜日

日本弁護士政治連盟石川県支部懇親会に出席しました。

弁護士政治連盟の皆様は、東日本大震災被災地で様々な法律相談にボランティアで対応して頂きました。

政府・与党と致しましても、皆様の災害復旧・復興への活動に対してお手伝いさせて頂こうということで、平成24年度予算案では、「法テラス」が被災地で行う法律相談などの事業に20億円を支援する経費を盛り込んでいます。

また、議員立法で、法テラスの被災地での法律援助事業を更に推進しようという法律も民主党の法務部門会議で検討が進んでおります。

震災関係以外では、今度の通常国会では、「ハーグ条約」が締結承認案件として外務省から提出される予定ですが、国内担保法につきましても皆様のご意見を踏まえた内容のものが法務省から国会に出されることになっています。

弁護士政治連盟の皆様のお力で、大震災という厳しい状況の中でも、法で社会を明るくてらす、ということが一歩一歩着実に前へ進んできているのではないかと考えます。

私も皆様のご指導を頂きながら国民の目線に立った司法制度を作っていけますよう一生懸命取り組んで参ります。