変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

南加賀地域救急医療センター起工式
2011/12/25 日曜日

p1050352南加賀地域救急医療センター起工式に出席致しました。
小松市、加賀市、能美市、川北町で構成されます南加賀医療圏は、人口あたりの医師数・看護師数が石川県内では能登北部医療圏に次いで少なく、救急医療から撤退する病院も出てきており、救急医療体制の立て直しが求められてきた医療圏です。
救急車で、一刻一秒を争って搬送される重症の患者さんの搬送先の、26%が金沢市内や石川県外になっているという実態もあります。
こうした中、平成22年に県の方で南加賀医療圏・地域医療再生計画の中に、この地域救急医療センターの整備構想を盛り込んで頂き、建設費(約4億円)は国の地域医療再生基金の事業として、国から交付されることが決まり、この起工式を迎えることができました。
南加賀地域救急医療センターが完成しますと、小松市民病院の救急医療体制は大幅に拡充され、地域の救急医療ネットワークの柱となることが期待されています。
このセンターの着工は地域住民の皆様の暮らしの安心へ向けた大きな一歩です。
また、南加賀医療圏については、救急医療だけでなく、脳卒中医療、急性心筋梗塞医療、そして周産期医療やマンパワー確保など課題もあります。
厚生労働委員としてこうした課題解決へ向けてこれからも取り組んでまいります。
南加賀地域救急医療センターの建設工事が無事故で滞りなく進められ、この起工式を契機に、南加賀地域の住民の皆様の命を守る取り組みが一層前進することを祈念いたします。