変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

宮城県石巻市視察・意見交換
2011/8/17 水曜日

e79fb3e5b7bbe5b882e8a696e5af9fefbc91e79fb3e5b7bbe5b882e8a696e5af9fefbc92宮城県選出の衆議院議員斎藤やすのりさんの案内で石巻市に視察・意見交換に行きました。
今回初めて仮設住宅を見させて頂きましたが、ずらっと飾り気のないプレハブ小屋が並んでいました。
一緒に行った議員も「色を塗るだけでもまた違ってくるのに」と言ったのが印象的でした。
その中の1軒にお邪魔させていただきました。
仮設住宅の中には収納らしい収納がなく、さらに洗濯物を干すためにロープやハンガーをつるすためのがびょうも刺せませんでした。
なぜ刺せないのかというと仮設住宅には買い取りとリースと2種類があり、その仮設住宅はリースでしかも震災で材料が集まらず値段が通常より割高になっているからとのことでした。
しかしこの先仮設住宅の生活がどれくらいか見当もつかない状況です。
少しでも不便さを解消するために壁にがびょうなど刺せるように出来ないかを市に相談したところ、了承を得ることができました。
小さいながらも今回の視察において言った意味があったのではないかと思います。
仮設住宅を造れば問題が解決するのかと言うとそうではありません。
大小さまざまな問題が現在も起こり続けています。
住民が自立し、以前のような生活が戻るには時間がかかると思います。
元の生活を取り戻すまで、変わり続けるニーズにきめ細やかに答えていかなければならないことを再確認致しました。