変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

港湾振興議員連盟大畠大臣への要望活動
2011/7/29 金曜日

e6b8afe6b9be港湾振興議員連盟の役員で大畠国土交通大臣に要望活動を行いました。
ご存じの通り日本では自動車をはじめとした製造業が経済を支えています。資源が少なく、海で囲まれている日本にとって、これらの製造業に必要な資源や原料を安く安定的に輸入することは、生産活動の向上ひいては日本経済の強化のために必要不可欠となっています。
しかし日本における「モノ」の玄関口となる港の状況は芳しくありません。20年前までは世界でも15位以内の貨物の取扱があった横浜港や神戸港などが大きく順位を落としてしまっている一方で、釜山や香港などにその地位を奪われている状況です。
例えば釜山港では国が大規模な港湾開発を行い、釜山港湾公社という民間会社が一元的に港の運営を行っており、効率的な運営により大型のコンテナ船がひっきりなしにやってくる状況です。
日本でも釜山港に負けない港を作るために、今までは自治体が行っていた港湾運営に民間会社も参入できるよう法律の改正を進めています。

元気な日本を復活させるためにも、今後も港の強化に取り組んでいきたいと思っています。