変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

厚生労働委員会で質問
2011/5/28 土曜日

p1020106私の所属する衆議院厚生労働委員会において、5月中旬から「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」の審議がはじまり、5月27日、私が質問させて頂きました。
 委員会において私は、
1、親族里親制度の活用を促すような厚生労働省の取り組みについて(高井 孤児局長)
2、義援金に関し、なぜ被災者への配分に時間がかかっているのかということについて(清水 社会援護局長)
3、大規模被災に備えた義援金配分の仕組みを検討してほしい(清水 社会援護局長)
4、「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」の改正趣旨について(細川 大臣)
5、介護予防・日常生活支援総合事業の導入による、軽度者への介護サービスへの影響について(岡本 政務官)
6、介護福祉士を除く介護職員等の研修の具体的な内容、方向性について(岡本 政務官)
7、介護現場の更なる処遇改善について(岡本 政務官)
について質問させて頂きました。
 法案の段階で問題点を指摘し、改めることは当然ですが、現実に運用をはじめると、思わぬ問題点が出てくることもあります。制度は絶えずチェックし、改善していくことが重要であり、今後も注視して参ります。