変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

小松空港CIQ視察
2010/12/20 月曜日

ciq先日、小松空港のCIQ体制を視察いたしました。
CIQとは空港で出入国の際に必ず受ける手続き(税関・出入口管理・検疫)のことで、Customs(税関)、Immigration(出入口管理)、Quarantine(検疫)の頭文字をとったものです。
多くの方になじみがあるのは海外旅行での入出国管理だと思います。
当日は大阪税関や名古屋入国管理局、新潟検疫所の職員の方々の案内で、パスポートやビザの審査、伝染病や動植物の検疫などを行うブースを見学しました。
貨物便には動植物も含まれ、日本国内に病気等を持ち込ませないために重要な役割を担っております。
説明を受けた中で人員不足であることが課題と感じました。
現在小松空港では国際貨物便としてカーゴルック便が週2便、国際便はソウル、上海、台北と3拠点と定期便を結んでおりますが、今後も国際貨物の増便や多くの海外の旅行者が石川県に訪れて頂くためそして違法なものやウィルス等を水際で入国するのを防ぐためにも人員の確保にも力を入れていかなければならないと思いました。