変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

小松空港を利用するジャンボ貨物機を視察
2010/8/27 金曜日

e784a1e9a18c28月25日午後、小松空港。前々から一度国際貨物の取り扱いの現場を視察したいと考えていましたが、ようやくそれが実現するということで、意気揚々として空港に向かいました。

石川県議会の北村繁盛議員とともに国土交通省の空港事務所を訪問し、はじめに会議室で白勢空港長から空港の施設や利用状況についてのご説明をいただいた後、運用室や航空会社の事務室など航空機の運用の現場を見せていただきました。

午後3時15分、ほぼ定刻どおり、小松空港にルクセンブルク発のジャンボ貨物機が着陸し、空港ターミナル東側にある国際貨物ターミナル地区に駐機しました。このジャンボ機はヨーロッパのルクセンブルクに本社を置く国際航空貨物会社「カーゴルックス」の貨物便で、週3便(水・金・土)小松空港に就航しています。カーゴルックスは15機のジャンボ貨物機を所有していて、ヨーロッパを拠点に、アジア、アメリカ、アフリカと世界中をネットワークしており、小松空港を日本の唯一の就航先としています。

到着して間もなく、機首部のコックピット前方とボディの扉が大きく開き、オランダから運ばれてきたチューリップの球根、機械部品などが次々と降ろされていく姿は圧巻でした。中でも目を引いたのは、白い高級車が取り降ろされる様子です。カーゴルックス日本支店の神谷総支配人のお話によると、年間200台にのぼるヨーロッパ製の高級車がここ小松空港から輸入され日本全国に運搬されているということです。
取り降ろされた貨物は、前面の北陸国際航空貨物ターミナル株式会社(通称HIACT)の上屋に運び込まれ、貨物の破損チェックなどを行った上で、それぞれの目的地にトラックで配送されます。

視察終了後、会議室に戻り、HIACTの方、エアラインの方などを交えた空港関係者の皆様と意見交換を行いました。空港の利用促進や機能の充実に関する様々な課題についてご要望をいただきましたが、中でも、「国際旅客便及び国際貨物便の充実」と「空港の安全・安心確立のための予算の確保」の2点について特に強いご要望があるということでした。私からは、空港関係者の皆様の日頃のご努力・ご協力に敬意を申し上げるとともに、いただいたご要望については幹事長室、国交省政務三役にも伝えていきたいということ、そして、こうした意見交換の場を定期的に開催してほしいといったお話をさせていただきました。

今後とも関係者が一致して取り組み、小松空港を日本側の拠点にできるように努力して参りたいと考えております。

e784a1e9a18c3e784a1e9a18c4