変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

羽田空港視察
2010/6/14 月曜日

e58699e79c9f-022羽田空港を視察してきました。

 びっくりしたことがあります。それは、羽田空港を1年間に6700万人の方が利用

ていて、旅客数の多さでは、なんと世界で4番目にランキングされるということで
す。ちなみに、世界で一番多いのはアトランタ空港(米国)です。

 その羽田空港は深刻な問題を抱えています。飛行機の発着数は今や限界に達し
ていて、これ以上発着数を増やすことができないというのです。そこで、発着容量を
現行の年間30万回から40万回へ増やすため、新たに4本目の滑走路や新国際線ターミナ
ルビルを整備する国家プロジェクトが進められています。

これにより発着容量が10万回も増えることから、国内線ばかりではなく国際線の拡充もできることになります

新しい滑走路と国際線ターミナルビルは今年の10月21日にオープンするそうです。

 菅総理が国会で所信表明演説をされました。演説の中で、新成長戦略のひとつとして「アジア経済戦略」を取り上げられ、アジア市場の新たな需要を捉えるため、「海外との人的交流の強化、ハブ機能を強化するインフラ整備や規制緩和を進めます」と言われました。石川県の地域産業にとって人々のスムーズな移動は重要なことですし、また、国内外の観光客の方々に石川県に来ていただくためには、羽田空港の容量拡大をどのように活用し、小松空港が持つゲートウエイ機能をいかに向上していくか、アジア諸国の動向を見極めつつ皆さんとともに知恵を絞り、行動に移していきたいと考えています。

このためには、言うまでもありませんが、アジア経済戦略を進め、日本全体、ひいては石川県の豊かな生活の実現のためにも、限られた国の予算を選択と集中により無駄をなくし、真に必要な政策に国費を投入していかなければなりません。私としても、引き続き、何が真に必要な政策で、何が無駄な政策か、しっかりと責任を持って判定するとともに、真に必要な政策の実現のためには自ら全力で走り回り、各方面に強力に働きかけの努力をしてまいります。

 



輿石東参院議員会長決起集会
2010/6/7 月曜日

e784a1e9a18c1山梨県で行われた、輿石参院議員会長の決起集会に参加してきました。

赤松広隆農林水産大臣をはじめ、米長晴信参議院議員、地元選出の坂口岳洋衆議院議員も応援に駆け付け、会場にはたくさんの参加者が集まり、熱気に溢れた決起集会でした。

国民の生活のためには、政権を安定化させ、昨年お約束したマニフェストをしっかり実行し、改革を本格化させなければなりません。そのためにも、この夏の参院選は非常に重要な選挙であり、まさに政権交代の「最後の戦い」となります。

選挙まであとわずかです。党内で一致団結して、この戦いに臨んでいきます。
この集会で、たくさんの先輩、同僚議員、参加者の皆様とそのことを誓い合いました。