変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

若泉議員の政経パーティ
2010/5/9 日曜日

ts3n01392若泉征三衆議院議員の主催する、政経パーティーに出席してきました。

若泉議員は福井県を中心に北信越で活躍されている二期目の先輩で、その人柄を慕った私や、東海ブロック選出で同期で新人の小林正枝議員が、パーティーに参加しました。さらには「平成の黄門様」でおなじみの渡部恒三議員まで駆けつけ、パーティーは非常に盛り上がりました。さすがは黄門様、ユーモアをたっぷり交えたお話には、お腹を抱えて笑いました。

若泉議員は町長を四期務めただけあって、地方分権に造詣が深く、同じく都会との格差に悩む地方選出の議員として、私も学ぶことが多くあります。福井県は高速増殖炉「もんじゅ」など、核施設も多く、一方でインフラの整備はずいぶん遅れ、北陸新幹線の着工も最後になってしまっています。「都会との格差に苦しむ地方」という意味では、石川県以上かもしれません。

民主党政権では苦しい財政状況の中、メリハリのある予算が組まれました。公共事業の削減、社会保障の充実などが注目されていますが、同じく注目して頂きたいのが、地方交付税の1.1兆円もの増額です。これは地方の経済状況を考慮したものであり、また、来るべき地域主権の時代に向け、大きく舵を切ったものです。地方分権は、地方のためだけにあるのではなく、日本全体を元気にするためにあるのです。若泉議員と共に、私も地方分権の流れを作る一人となりたいものです。

また、パーティーには夏の参院選で福井県から立候補を予定している、井ノ部候補も参加していました。35歳でエネルギッシュで熱く、それでいて爽やかな方です。私も33歳で選挙戦を戦った昨年のことを思い出し、初心に帰った一日となりました。

ちなみに写真左端が若泉議員、中央に座っていらっしゃるのが渡部議員です。