変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

金沢港視察
2010/4/30 金曜日

e784a1e9a18c奥田健議員、近藤和也議員と共に、金沢港を視察しました。金沢港の重点港湾入りを目指し、その強みと弱みを確認するための視察です。現在、全国には103の重要港湾があります。今年度、その中から約40港が重点港湾に指定され、集中的に整備が進められることになっています。旧政権時代での港湾政策では、空港と同じく、「我も、我も」と各地で整備が進められ、結果的に日本中に港湾が乱立し、アジアの諸外国の港湾と比べて競争力を失うこととなりました。コンテナの取り扱い量で言いますと、シンガポール、上海、香港、釜山などのアジアの港が世界の上位を独占しているのに対し、日本では横浜、神戸ですら、世界で20位以下です(以前はトップ10入りしていました)。韓国では釜山が国全体の約80%のコンテナを取り扱っており、ハブ化が進んでいるのに対し、日本の100以上の港湾の乱立は、あまりに対象的です。
民主党政権ではこれらの港湾整備も「選択と集中」により、絞り込みをかけて、競争力のあるものにしていこうとしています。

石川県では金沢港と、七尾港が重要港湾103港に入っていますが、北陸地域全体のバランス、その他の諸条件を勘案しても、少なくとも金沢港は、重点港湾40港に入るべきだと思っています。港湾は物流の拠点であり、地域経済の発展の重要な要素です。また、兼六園や温泉など、石川のもつ観光資源と組み合わせれば、観光客の誘致にも多いに役立つでしょう。
今後も金沢港の重点港湾入りを積極的に応援していきたいと思います。

ちなみにブログの写真は、港のクレーンの上で取ったものです。足元からは約40m下の地面が丸見えです。決して高い所は苦手でないのですが、、、さすがに顔が引きつっていますね。

 



タウンミーティング

e784a1e9a18c-2民主党のタウンミーティングが全国で開かれ、このほど石川県でも小松市を皮切りにスタートしました。これはこの夏に行われる参院選のマニフェスト作りにあたって、地域の声を聞き、反映させようというものです。
初回には、予想を超える、90名以上の方に出席頂きました。

やはり意見が多かったのは、子ども手当のような目玉政策と、普天間問題、高速道路料金など、昨今マスコミをに賑わせている問題についてでした。

今回強く感じたのが、「生の声を聞くこと、生の声を伝えることの重要性」です。(某党のキャッチコピーみたいですね。。)

色んな方の訴えを聞いてハッとすることもありましたし、「派遣法」など、十分に問題点を理解しているものでも、実際にそれで苦しんでいる方のお話を生で聞くと、身につまされる思いになり、「早くなんとかしないと!」と、思いを新たにさせられました。また、意外にも、マニフェストの修正を容認する声も多く聞かれました。もちろんマニフェストは「何としても実現する」というのが前提です。まだ次の衆院選までは時間がありますので、全力を尽くしていかねばなりません。しかし、どうしても実現できなかった場合、あるいは社会、経済情勢の変化により、やむを得ず修正を迫られる場合には、我々はそれを恐れたり、逃げたりしないで、しっかりと生の声で皆様に、その理由を説明すればいいのだと思います。それがあれば、必ずご理解頂けるものと思っています。

石川県では小松の他、金沢、七尾、珠洲でも同様のタウンミーティングが実施されました。
今後もこのようなタウンミーティングを実施していきたいと思いますし、規模の大小を問わず、座談会など、生の声を聞き、そして伝える場を増やしていきたいと思っております。