変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

金沢港視察
2010/4/30 金曜日

e784a1e9a18c奥田健議員、近藤和也議員と共に、金沢港を視察しました。金沢港の重点港湾入りを目指し、その強みと弱みを確認するための視察です。現在、全国には103の重要港湾があります。今年度、その中から約40港が重点港湾に指定され、集中的に整備が進められることになっています。旧政権時代での港湾政策では、空港と同じく、「我も、我も」と各地で整備が進められ、結果的に日本中に港湾が乱立し、アジアの諸外国の港湾と比べて競争力を失うこととなりました。コンテナの取り扱い量で言いますと、シンガポール、上海、香港、釜山などのアジアの港が世界の上位を独占しているのに対し、日本では横浜、神戸ですら、世界で20位以下です(以前はトップ10入りしていました)。韓国では釜山が国全体の約80%のコンテナを取り扱っており、ハブ化が進んでいるのに対し、日本の100以上の港湾の乱立は、あまりに対象的です。
民主党政権ではこれらの港湾整備も「選択と集中」により、絞り込みをかけて、競争力のあるものにしていこうとしています。

石川県では金沢港と、七尾港が重要港湾103港に入っていますが、北陸地域全体のバランス、その他の諸条件を勘案しても、少なくとも金沢港は、重点港湾40港に入るべきだと思っています。港湾は物流の拠点であり、地域経済の発展の重要な要素です。また、兼六園や温泉など、石川のもつ観光資源と組み合わせれば、観光客の誘致にも多いに役立つでしょう。
今後も金沢港の重点港湾入りを積極的に応援していきたいと思います。

ちなみにブログの写真は、港のクレーンの上で取ったものです。足元からは約40m下の地面が丸見えです。決して高い所は苦手でないのですが、、、さすがに顔が引きつっていますね。

 



タウンミーティング

e784a1e9a18c-2民主党のタウンミーティングが全国で開かれ、このほど石川県でも小松市を皮切りにスタートしました。これはこの夏に行われる参院選のマニフェスト作りにあたって、地域の声を聞き、反映させようというものです。
初回には、予想を超える、90名以上の方に出席頂きました。

やはり意見が多かったのは、子ども手当のような目玉政策と、普天間問題、高速道路料金など、昨今マスコミをに賑わせている問題についてでした。

今回強く感じたのが、「生の声を聞くこと、生の声を伝えることの重要性」です。(某党のキャッチコピーみたいですね。。)

色んな方の訴えを聞いてハッとすることもありましたし、「派遣法」など、十分に問題点を理解しているものでも、実際にそれで苦しんでいる方のお話を生で聞くと、身につまされる思いになり、「早くなんとかしないと!」と、思いを新たにさせられました。また、意外にも、マニフェストの修正を容認する声も多く聞かれました。もちろんマニフェストは「何としても実現する」というのが前提です。まだ次の衆院選までは時間がありますので、全力を尽くしていかねばなりません。しかし、どうしても実現できなかった場合、あるいは社会、経済情勢の変化により、やむを得ず修正を迫られる場合には、我々はそれを恐れたり、逃げたりしないで、しっかりと生の声で皆様に、その理由を説明すればいいのだと思います。それがあれば、必ずご理解頂けるものと思っています。

石川県では小松の他、金沢、七尾、珠洲でも同様のタウンミーティングが実施されました。
今後もこのようなタウンミーティングを実施していきたいと思いますし、規模の大小を問わず、座談会など、生の声を聞き、そして伝える場を増やしていきたいと思っております。

 



小松市埋蔵文化財センター落成式
2010/4/28 水曜日

e784a1e9a18c11小松市の「市埋蔵文化財センター」が完成し、落成記念式典に出席してきました。
写真はそのテープカットの時のものです。小松市は弥生時代から海上交通の要衝として栄え、北陸随一の遺跡の密集地です。
そうした遺跡から出土した貴重な文化財を、市民の皆様が気軽に接することのできる施設として、このセンターが誕生することを嬉しく思います。
地域ごとの歴史を学ぶことはとても重要ですが、やはり机の上で学ぶだけではなく、こういった施設で実物を見たり、触れたりできることは、子どもたちにとっても理解を深めるいい機会になるでしょう。

加賀地方は弥生時代に始まり、平安、鎌倉と、何度も歴史の舞台に名を残し、そして加賀百万石の繁栄がありました。また、20世紀に入っても、歴史と文化と産業発展の融合した素晴らしい地でありました。しかしながら、ここ10数年に関しては、残念ながら元気がなくなっている面もあります。私もこの地で活動させて頂いている国会議員として、この地の歴史を知り、そして未来を見据え、かつての繁栄のような元気を早く取り戻せるように、全力を尽くして参りたいと思います。

 



金沢城公園河北門の完成式
2010/4/27 火曜日

e784a1e9a18c1金沢城公園の河北門の完成式に出席しました。金沢城と言えば、前田利家の居城として有名で、河北門はその実質的な正門だったものです。
この度、明治時代の火災による焼失から、約130年ぶりに復元されました。

私自身、高校時代にここを眺めながら通学していましたので、年々復元されていく金沢城の姿に喜びがひとしおです。

民主党政権のキーワードとして、「コンクリートから人へ」というものがあります。これがやや独り歩きして報じられており、このような施設整備が軽視されていると、誤解している方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、今回の河北門は重要な歴史資産であると同時に、伝統工法を駆使して建てられており、貴重な文化、技能と言えます。それらを後世に残していくことは、まさに民主党が重要視している人、未来への投資なのです。
また、観光立国も重要な政策のテーマです。今回河北門が復元した金沢城は、兼六園と並んで金沢の顔となり、多くの国内外の観光客を呼び込むことでしょう。

一議員としても、また金沢で高校生活を送った一個人としても、非常に嬉しい一日となりました。

 



道の駅「こまつ木場潟」竣工式
2010/4/18 日曜日

e784a1e9a18c道の駅「こまつ木場潟」の竣工式に出席いたしました。

道の駅につきましては平成5年に、当時の建設省と地方自治体の共同事業として103駅が登録されたのに始まり、今年の3月現在で全国で936駅が登録され(石川県は木場潟含め22駅)、全国各地で地域振興の拠点として親しまれています。

この道の駅「こまつ木場潟」も、駅長の東さまと運営にあたられるJA小松市の皆様のお力で、「おいしさとやすらぎが出会う駅」として道路利用者並びに住民の皆様から大いに愛される施設となってほしいと思います。

特に小松のトマトで作ったトマトカレーは実際に試食させていただきとてもおいしかったです。また道場六三郎さんプロデュースのおにぎりも売ってあります。こちらも大変おいしかったです。

この道の駅「こまつ木場潟」を多くの方に利用して頂いて地域経済の振興に結びつけて行くためには、周囲の観光資源をよりよいものとしていくこともこれから大切だと思います。

とりわけ、木場潟につきましては、石川県や小松市が公共下水道事業と合併処理浄化槽普及促進を柱とした水質浄化対策を進めたことにより、環境省の水質基準を大幅に上回っています。しかしさらなる木場潟の澄んだ水を取り戻すというこの大きな課題には、政府・与党の一員としてこれからも積極的に取り組んで参りたいと考えております。

木場潟とその周辺地域に沢山のお客様に来て頂いて、この地域が道の駅「こまつ木場潟」を中心にもっともっと活力あふれる街となりますよう、一生懸命頑張って参ります。

 



事業仕分け打ち合わせ会議
2010/4/12 月曜日

dsc_0335事業仕分けの仕分け調査員として打合せ会議を行いました。

各議員が事前に調べたことを視察をして調査をした結果を持ち寄り話をいたしました。

やはり無駄というものは、各方面で非常に存在しているなということを改めて感じました。

今後もムダを削減できるようにがんばっていきます。

またこちらの様子をFNNにも取り上げていただきました。下記のURLからご覧ください。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175331.html

 



石井茂さんを励ます会

100409_193304「石井茂さんを励ます会」に出席しました。

石井茂さんは夏の参院選に出馬予定で、ツルネン・マルテイ参議院議員の政策秘書をされています。
また、参議院秘書協議会の会長でもあり、いわば議員秘書の兄貴分のような方です。

私も議員秘書時代には大変お世話になり、また昨年の選挙活動も手伝って頂きました。

石井候補は、有機農法の推進による「食」の安全の確保、生物多様性の保全による環境保護、教育環境の整備による人類の未来を託せる人材の育成、などを訴えています。さすが、有機農業に造詣の深いツルネン議員の政策秘書らしいものだなと思います。私も農業の盛んな石川県の議員として、色々と学ぶところがありそうです。

「励ます会」には、石井候補の人柄を慕った秘書仲間を中心に、多数の参加者が集まりました。
政権交代の最終戦と言われる参院選に向け、皆で力を結集することを誓い合いました。

 



新メンバー
2010/4/10 土曜日

p1000818事務所に新しいメンバーが加わりました!

しほこちゃん、生後4 か月です!

子育て中のママさん秘書が、事務所で赤ちゃんの面倒を見ながら仕事をすることになりました。

「育児と仕事の両立」と簡単に言ってしまいますが、やはり大変なことなんだと実感いたします。

国会議員として、厚生労働委員として、「まずは自ら率先して!」との想いで採用することに致しました。

小さな事務所ではありますが、ベビーベッドの用意(インフラの整備=ハードの問題)、勤務時間の調整(周りの理解=ソフトの問題)など、多少の苦労もありました。

これが大きな会社、あるいは社会全体ともなると、一筋縄では行かないでしょうし、そこには政治の力も必要です。

子育てのしやすい環境作りを目指し、来年度より子ども手当が支給されます。

「子育てしながら働きやすい環境」の整備も、これと併せて実施していかなければなりません。

私もこういった問題に、積極的に取り組んでいきたいと思います。

 



国対第五班と総理との昼食会
2010/4/9 金曜日

img_0048総理と直接お会いしての昼食会があり、和やかな雰囲気のなか、楽しいひとときを過ごせました。

参加者は国対第五班所属の新人議員で、班で作成したオリジナルの政策を総理に渡すこともできました。

新人全員が所属する国対班は、メディアでは「ただの勉強会」のように報道されていますが、実際は少々違いますので、そこに触れたいと思います。

「国対」と付くところがポイントです。

国対とは国会対策委員会のことで、本会議や委員会の日程を、各党と協議して決定する場です。国対班では、その国対の協議経過、結果などを説明してもらえるのです。

従来はこのような班がなかったので、国対委員以外は、日程が正式決定するまでそれが分からず、自分のスケジュールが立てられないため、議員個人個人で「会議日程はどうなるのか」の情報収集に奔走していました。私も秘書時代に情報集めにずいぶん苦労しました。今は班で説明してもらえるため、事前に会議日程が把握でき、スケジュールも立てやすく、その分、議員としての活動に力をかけられるわけです。

もちろん国会のイロハや、政策などの勉強もできますので、新人同士の切磋琢磨の場にもなっています。

ちなみにこの国対五班と総理の昼食会のメニューはカレーでした。

総理と一緒に食べただけに(?)、とてもリッチに、おいしく感じました♪

 



事業仕分け

事業仕分けの仕分け調査員としての公益法人の視察の密着取材を受けました。

事前に調べたことを率直に、先方の皆様から伺っていきたいと思い、視察をいたしました。

視察を終え、やはり無駄というものは、非常に存在しているなということを肌で実感をいたしましたし、

こういった現地の調査活動ということは、これからも続けていかなければいけないなと感じました。

密着取材の様子は昨日のニュースジャパンで取り上げていただきました。

いろいろありがとうございました。

下記のURLからもご覧いただけます。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175139.html

ぜひご覧ください。