変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

衆議院本会議代表質問
2010/3/28 日曜日

_mg_23343月25日に衆議院本会議で民主党を代表して長妻大臣に質問する機会を頂きました。

私が質問を行ったのは「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」という法案です。

医療保険制度は国民の皆様のいのちをまもる「とりで」です。

税金の使い道を変えて国民の皆様のいのちを守るというこの法案の質疑は本当に実の引き締まる思いが致しました。

またこういう貴重な機会とあって、医師不足や未承認薬の問題も取り上げました。

多くの皆様の応援やご支援を頂きとても感謝しております。

これからも一生懸命頑張って参ります。

なお質問の様子は

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40272&media_type=wb&lang=j&spkid=19953&time=00:39:03.7

よりご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

 



学生団体ivote(アイヴォート)の主催の懇親会
2010/3/19 金曜日

e58699e79c9f-004

若者の投票率向上を目指す学生団体ivote(アイヴォート)の主催で、都内の居酒屋で20代の学生や社会人の方々と、国会議員との懇談会がありました。

参加したのは私や自民党の河野太郎議員など与野党の議員5名でした。

マスコミでも取り上げて頂きましたので、ご覧になられた方もいるかもしれません。

 

若者の政治離れが叫ばれて久しいご時世ですが、参加した若い皆さんからの熱い声を聞き、少し安心し、また元気をもらいました。

これから若者の人口はどんどん減っていきます。

そんな中、若者が投票に行かないようでは、ますます若者の声は政治の場に届きにくくなってしまいます。

年金や介護も、その制度は現役世代の負担によって支えられています。また、今しっかりとした制度設計をしないと、現在の若者がお年寄りになる頃にはもっとまずい状況になってしまいます。

より長く社会で生きていく若者の皆様には、ぜひ当事者意識と、政治への関心を持って頂きたいと思っています。

私も新人ではありますが、一国会議員として、若者の皆様と接する機会を増やし、少しでも皆様が政治を身近に感じるようになればと思っております。

また、いつか地元の石川でもこのようなイベントを企画したいと思っております。

 



「福寿草の郷」
2010/3/12 金曜日

ts3n0108加賀市にあるNPO法人「福寿草の郷」を見学させて頂きました。

「福寿草の郷」は、農作業や漆器の梱包作業などの仕事を通じて、身体・精神にハンディを持っている方、ニート、引きこもりなどの方の自立、社会復帰を支援するNPO法人です。
また、自然体験施設を作り、子供たちに自然の大切さを伝えています。
約40年に亘り、このような活動を通じて、多くの人たちを救って来られた理事長の高橋様には心から敬意を表します。

同時にNPO法人の苦労についてもお話を伺いました。
NPO法人が一般的に認知されてきたとは言え、まだまだ公的なサポートが不足しており、資金面での苦労が絶えないそうです。
民主党政権では、鳩山総理の施政方針演説にもあった通り、NPOを「新しい公共」と位置付けています。
また「コンクリートから人へ」の言葉の通り、人のいのちを守るNPOの活動を積極的にサポートしていく方向です。
私も福祉を司る厚生労働委員として、このようなNPO法人のみなさんとどんどん連携を取って行きたいと思っております。