変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

新型インフルエンザ対策
2009/5/20 水曜日

 ここ数日、大阪・兵庫で新型インフルエンザの感染確認が急増しています。
 一部地域では、インフルエンザの検査キットなどが足りず、患者さんに対応できない状況も生まれているとのこと。国会でも、全ての出入口で入館者に手の消毒が促され、各事務室にもアルコール消毒剤やマスクが配置されたとのことで、にわかに緊迫感が増してきたそうです。

 幸い、ここ石川ではまだ患者さんは確認されていませんが、成田空港などの水際作戦にこだわりすぎて、国内での確認体制が十分ではなかったという指摘もあるようです。

 一方、感染力や毒性はさほどではないとか、マスクはそこまで必要ないなど、今の状況は過剰反応だというご意見も聞かれます。
 麻生総理が「冷静に」などと話すCMが流されていますが、CMなどより正確な情報の伝達、地域で感染者が出ても混乱を起こさない体制の整備に、政府は力を注いでほしいと思います。