変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

子供達の声援
2009/5/13 水曜日

DVC00017.jpg 今朝は野々市町の100満ボルト前で街頭演説。毎週水曜日は100満ボルト前と大和ハウジング前で交互に街頭演説を行っています。野々市町は若い世代が多く住んでいる活気のある町です。人口も5万人を超えました。近い将来町から市へ変わります。100満ボルト前では、朝非常に多くの小学生達が集団登校をしています。子供達にもすっかりおなじみの存在になりつつあります。今朝も街頭演説を行っていると・・・。

 「応援します!」なんと、小学生が激励の声をかけてくれました。今までは、「がんばって?。」という声をかけてくれた子供たちが「応援します!」と、言ってくれました。朝からとても爽やかな気持ちになりました。ありがとう。

 夕方は小松市で街頭演説。下校時間帯の高校生達が、なんと「応援してます!」びっくりしました。やはり今までは「がんばってね?。」という声をかけて頂いてましたが、「応援してます!」に変わりました。うれしかったです。ありがとう。

 朝夕、子供たちの元気な姿を見て、この子達が日本に生れて良かったと思える国づくりを行っていきたいと、強く感じています。しかし、今日本の教育予算は先進国の中でも最低ランクです。世界が教育予算を拡充しようとしています。そんな中で、我が国は世界の流れに逆行して教育予算をさらに削減しようとしています。

 このことによって、教育現場が危機的な状況に追い込まれようとしています。そして親の所得がそのまま子供たちの教育格差につながり、学力格差につながっていきます。さらには職業、所得の格差へとつながるのです。本当に悲しい現実だと思います。すべての子供たちが公平で充分な教育を受けられるように、教育予算の拡充を行うべきだと思います。そして民主党のマニュフェストでもある高校授業料の無償化を実現させたいと思っています。

 明日も明後日も子供たちの笑顔が見れるよう、そんな国づくりを行っていきたい。それが日本の明るい未来につながると私は信じています。

 本日発売のFLASHと日刊ゲンダイ(首都圏版は昨日でした)で取り上げて頂きました。ありがとうございました。