変えるチカラ。生活(くらし)を第一に。民主党へのリンク

あけましておめでとうございます。
2009/1/6 火曜日

本ブログをご覧くださっているみなさま、あけましておめでとうございます。
本年もお付き合い下さると嬉しいです。

私は、元旦から、新年の互礼会(新年のごあいさつを交わす会)に、あちらこちらと顔を出させていただく日々を過ごしています。
昨年、拙いながらも挨拶・演説をたくさんこなして、少しは慣れたつもりでしたが、地元の錚々たる方々と並ぶのは、やっぱりまだ、とてもとても緊張します。

さて、新年を迎えたとはいえ、日本の経済と雇用は、いままさに崖っぷちの状態。石川県でも、期間従業員の方をはじめ、あちこちで、仕事を失くしたというお話が絶えません。

昨日は、日比谷公園の「年越し派遣村」で年を越された方々が、超党派の議員と「雇用と住まいを守る緊急集会」を議員会館で開いたところ、すごい人だったそうです。派遣の問題は私の訴える政策の一つですので、秘書の知り合いに頼んで様子を見てきてもらい、写真も送っていただきました。

haken12.jpg

この「年越し派遣村」のみなさんについて、自民党の坂本哲志総務政務官が、「まじめに働こうとしているのか」と言ったとか。あまりにひどい言い草です。
まじめに働いていたのに、会社の都合で一方的に解雇され、路頭に迷われた方々なのに、基本的事実も理解していないのでしょう。年末のハローワーク視察の際、麻生総理が求職者にピント外れの説教をしたことといい、言葉が軽いうえに、私たち一般人の生活感覚が分からない人たちなんだなあ、と改めて思います。